仕事選びで悩んだ時は

仕事選びで悩む経験は誰にでもあると思いますが、一体何を基準にすれば良いのかが分からない人が多いと思います。
好きなジャンルの仕事にするべきなのか、業界の将来性を考慮すればいいのかといった様々な基準で悩むことになるでしょう。それでも、やはりキャリアアップやスキルアップをはかりたいと思うのが働く人間の常だと思います。
好きなことを仕事にできれば長続きするでしょうが、その仕事に将来性への不安があるとしたらどうでしょうか。または将来性があっても性に合わない仕事なら、どのみち転職することになるかもしれません。もちろん全ての条件を満たす仕事があれば文句はないのですが、なかなか上手く見つからないのが普通です。  
ひとつの選択肢として、適材適所で仕事を探す方法があります。自分が得意とする能力を生かせる仕事を選ぶということです。得意であれば苦もなく続けることができますし、少なくとも興味がないわけではありませんから苦痛ばかりを感じる可能性は低いと思います。
そして携わる仕事の中で、他に得意とする能力を自分の中で探し出し、更にはどう活かしていきたいかを考えていけば自ずと進むべき道が開ける可能性があります。探し出した能力と、すでに持っている能力と組み合わせてどんなことができるのかを考えてみるのです。組み合わせは多くありますし、その種類が増えるほどに仕事の選択肢も広がります。その中で将来性が見込めるものを探し、どうしていきたいかを考えればいいのです。選んだどの仕事に関しても、得意とする能力を活かすものなので興味を持って取り組めることになります。このように、適材適所の考え方を上手く取り込む方法があるのです。